トップ

ロレックスのオーバーホール

ロレックスのオーバーホールはなぜ必要か

ロレックスのオーバーホールについて

叔父の形見分けでもらったロレックスに不具合があった。先日、叔父が亡くなりました。預金や不動産などの財産は、叔父の息子である従兄弟が相続したのですが、叔父はとてもオシャレだったので、小物などもたくさん持っていました。とくに腕時計に対してはこだわりが強く、生前にロレックスをかなり気に入って使っていたのを覚えています。親戚で集まって形見分けをしたのですが、私がそのロレックスを頂きました。

家に持って帰ってから、そのロレックスをよく見てみたら、一応動くようだったのですが、リューズが上手くはまらなくなっていることに気が付きました。私はあまり時計に関心が高い方ではなく、安物の時計しか使ったことがないので、ロレックスのような高価な時計のことはあまりよく分かりません。でもせっかく形見分けとして頂いたものなので、使えるようにしたいと思いました。

PR:ロレックスのオーバーホールとは

ロレックスは定期的なオーバーホールが必要らしいそこで、ネットでロレックスのことについて詳しく調べてみたのですが、メンテナンスをしなければならないことを知りました。定期的にオーバーホールをして、摩耗している部品を交換するそうです。それをしないで放置しておくと、上手く動かなくなってしまうことがあるらしいのです。

叔父はけっこうマメな性格で、時計にこだわりが強かったこともあり、元気なうちはオーバーホールもきちんとやっていたのだと思います。ただ、なくなる4年くらい前から入退院を繰り返していたようなので、ロレックスをオーバーホールに出す余裕がなかったのでしょう。

ロレックスは高価な時計であるため、オーバーホールをするのにも、だいぶお金がかかりそうです。私は、時計が大好きというわけではないため、どうするか少し迷いました。そのまま戸棚に入れて飾っておくのも悪くありません。でも、せっかく叔父が遺してくれたので、少しの費用で使えるようにできるなら、オーバーホールしてみたいという気持ちもあります。

日本ロレックスにオーバーホールを頼むことに決めたロレックスのオーバーホールは、日本ロレックスの他に、町の時計屋さんでもできるようでした。町の時計屋さんなら、日本ロレックスと比べてだいぶ安く済みそうです。3割程度は安くなるので、日本ロレックスに頼むと費用が高額になるようなら、町の時計屋さんに頼むという選択肢もありかなと思いました。

ただ、町の時計屋さんの場合には、当然のことながら、日本ロレックスよりは信頼度が落ちます。特に部品交換が必要なときに純正の部品が調達できるのかどうか疑問です。もしかしたら、純正でない部品を取り付けられてしまうかも知れません。時計技術者の腕も日本ロレックスには敵わないでしょう。また、町の時計屋さんもかなりたくさんあるので、安心して任せられるところを探すのも難しそうです。

一方で、日本ロレックスにオーバーホールを依頼する場合の費用は、このロレックスなら5万円くらいで済むそうです。ただ、オーバーホールをしてみた結果、部品交換が必要になったら、その部品代もかかることになります。その場合には10万円を超えるかも知れません。

10万円を超えるくらいの金額だと、私にとってけっこう大きな出費です。しかし、別の考え方をしれみれば、5~10万円で非常に高級な腕時計が手に入るのと同じことになります。戸棚の中に眠らせておいても何の役にも立ちません。そう考えてオーバーホールをすることに決めました。町の時計屋さんにするか日本ロレックスにするかでも迷ったのですが、3割くらいの代金の差なら、安心性をとって日本ロレックスに依頼しようと思いました。早速電話してみようと思います。